マイタウン(MyTown)| 愛知の本専門古書店
マイタウン|東海地方(名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡)の郷土史本(新本・古本)専門店マイタウン|東海地方(名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡)の郷土史本(新本・古本)専門店

■春姫さま
春姫さまの生涯、ご存じですか?

 「御殿はどこじゃ」――毎年花の4月、名古屋の中心街を練り歩く春姫道中の終盤、城に着いた春姫が跡形もない本丸御殿跡を眺めて、嘆き悲しむ台詞である。

 「愛・地球博」のあとも依然ゲンキのいい名古屋。名古屋港の総貨物取扱量はダントツの日本一をつづけ、ノッポビルの建設競争が展開される名古屋駅の周辺では、公示地価の上昇率が東京都心を抜いて、これも日本一だという。「それでは、ご当地の文化遺産もさぞや立派に保存・復元されて……」と皮肉られると、ハタと頭を抱え込んでしまう。


再建計画中の本丸御殿
  再建計画中の本丸御殿(手前、名古屋市役所提供)
 名古屋市はいま、「名古屋開府400年」を記念して平成22年には本丸御殿の一部を復元する計画を進めている。幸い戦火を免れた国宝級の障壁絵がほとんど保存されており、ぜひとも日本一と胸を張れる文化遺産として後世に残したい。

 そうは言っても、「ではその御殿で最初に暮らした初代尾張藩の藩主徳川義直や、その正室春姫のことを知っていますか」と訊ねられると、この質問にもきっとハタと困ってしまう名古屋市民が多いことであろう。

 それでは恥かしい――そんな思いから小説風の拙い筆を取ったのが、この本である。一読していただければ、少なくとも春姫さまについては、一応の知識は得ていただけるはずである。(「あとがき」から、藤澤茂弘)

 

 


愛知の本専門古書店
MyTown(マイタウン)
E-Mail:こちら
〒453-0012 名古屋市中村区井深町1-1(新幹線高架下)
TEL:052-453-5023 FAX:0586-73-5514
無断転載不可/誤字脱字等あったら御免