マイタウン(MyTown)| 愛知の本専門古書店
マイタウン|東海地方(名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡)の郷土史本(新本・古本)専門店マイタウン|東海地方(名古屋・愛知・岐阜・三重・静岡)の郷土史本(新本・古本)専門店

■岐阜の岡本一平 聖家族からの解放

岐阜の岡本一平 聖家族からの解放 近代漫画の祖、源流、あるいは現代マンガのパイオニア、父などと称されている岡本一平は、漫画家の第一号といわれている北沢楽天とともに漫画の歴史を語るうえで欠くことのできない人物である。大正から昭和初期にかけて活躍した岡本一平は、その先輩格の北沢楽天に人気、実力ともに追いつき追い越し、「時の宰相(総理大臣)の名を知らなくても岡本一平の名前を知らない者はない」とまでいわれた。

 また、岡本一平は岡本かの子(歌人・仏教研究家・小説家)の夫であり、岡本太郎(現代美術家)の父でもあった。妻のかの子を小説家として世に出した一平の功績は大きく、かの子の才能を認め、つねに庇護者としてかの子を支えつづけた。子の太郎を戦前パリに留学させて勉強させたのは一平の財力、理解のおかげであった。

 小説家の川端康成は親子三人がともに表現者であった岡本一家のことを「聖家族」と呼んでいたが、この家族を支え、「聖家族」たらしめたのは一平の資質、器の大きさであり、その財力のおかげであった。しかし、近頃では岡本太郎を知ってはいても岡本一平を知らず、岡本かの子を知ってはいても岡本一平を知らない人が多い。あるいは、マンガを読んではいても漫画家・岡本一平を知らない人が増えてきた。

 ましてや敗戦の年、昭和20年(1945)3月に西白川村(現・岐阜県白川町)に家族とともに疎開してきた岡本一平を、昭和23年十月11日に古井町(現・岐阜県美濃加茂市)で死去したことを知る人は少ない。本書はその足跡を追ったものである。 (黒野こうき「はじめに」より)

→もっと大きな記事はここをクリック

 

 


愛知の本専門古書店
MyTown(マイタウン)
E-Mail:こちら
〒453-0012 名古屋市中村区井深町1-1(新幹線高架下)
TEL:052-453-5023 FAX:0586-73-5514
無断転載不可/誤字脱字等あったら御免